二宮金次郎?

 日曜日、娘を学校に送っていった後、

 旧二宮町(現 真岡市)の 「桜町陣屋跡さくらまちじんやあと」に行ってみた。


画像


 ここは 中学校の社会科見学の時に 来たことがあったって

 何年かぶり またやってき来たと いうわけです。

 今は 整備されてキレイになっていました。

 建て直して保存されています。


画像


 「二宮金次郎先生」がここで 農民にいろいろと農業等を教えて

 復興させた?と 中学生だった私は記憶している。

 
 行った時にちょうど 係の人が清掃をしていたので 

 あいさつをしたら いろいろと教えてくれました。

 金次郎は 「小田原」出身で 幼いときに両親を亡くし、苦労して

 二宮家を立て直して その後 「桜町」(旧二宮町と真岡の一部の地域)の

 「桜町陣屋」に赴任して 地域の復興に尽力したと・・・・・

 
画像


画像


 親切に いろいろと教えていただいてありがとうございました。

 私が「金次郎」といえば 学校によくあった まきを背負って勉強している

 あのイメージなんですが・・・


画像


 子供のころは 勉強をしながら 山に行って まきを拾って 

 その まきを売って生計を立てていたと・・・

 
画像


画像


 ここのちょっと南側に 二宮家の お墓があったので
 
 見てきました。


画像


 金次郎 「二宮尊徳にのみやそんとく-正式にはたかのり」は

 旧今市(現日光市)で亡くなっているので 分骨して

 こちらにあるそうです。 横には 娘さんの 「文子」さんの

 お墓もありました。
 
 「ふみさん」は 「東郷陣屋ひがしごうじんや」で亡くなったらしいです。

 *(東郷-真岡の東郷地区)

 ・・・・・・

 今、上に立っていろいろと偉そうなことを 言っている 人が

 たくさんいます。 現場のことなど ろくに見もしないで

 いかにも現場を見て なんでも知っているようなことを

 言っている 人が 多い世の中ですが、

 「二宮尊徳」のように 自ら現場を回って手を出して

 指導する。  ・・・ 

 こういったことの出来る人が いないよね~・・・


 ・・・・・ 今度は 子供を連れてまた 来よう と思います。

 追伸: 「金次郎」は正式には「金治郎」と書くそうです。 





二宮金次郎 農業の発展につくした偉人 (学習漫画 世界の伝記)
集英社
古城 武司

ユーザレビュー:
小学生に恥ずかしいこ ...
大人でも感動する二宮 ...
小学校の銅像しか知ら ...

amazon.co.jpで買う
Amazonアソシエイト by ウェブリブログ商品ポータルで情報を見る

この記事へのコメント

ふるさと探訪人
2010年07月13日 20:39
桜町陣屋跡に行かれたんですね。私も年に何度かは行くんですが, 何時だったか親戚の子を連れて行ったら喜ばれました。尊徳資料館ではいろいろと説明していただき,すっかりファンになったようです。
ひろじいさん
2010年07月13日 20:51
探訪人さんいつもありがとうございます。道路が整備されてからは何度となく前を通っていたのですが、今回はお邪魔させていただきました。30年ほど前に学校で来たときとは かなり変わりましたよね?あの当時は田んぼの中に陣屋がぽつんとあったように記憶していたんですが・・・係のひとが親切にいろいろとはなしをしてくれました。
2010年07月13日 21:41
おらいの息子が小学3年生のとぎ、おれにゆった。

「まぎをしっかり運んで、そのあどしっかり勉強する。その方がアダマにへーっぺなっ、まぎしょって、本読みながらあるぐなんて、しこってね~げこのひと。」
・・・・・・・。
とごろで、資料館の職員さんて、ほんと熱心に説明してくれるよなっ。
じっちゃま、おれもあどで行ってみべ~よ。
ひろじいさん
2010年07月14日 06:40
和尚さん、実は金ちゃんてすげ~方向音痴で街まで行っても帰ってこれないんでいつも地図見てんですよ!
又は、すげ~すけべ~で薪売った金でエロ本買って見ながら歩いているんです。・・・・・うそですごめんなさい。

この記事へのトラックバック